当科に受診される患者さんの主な症状

​長引く咳

長引く咳でお悩みの方も多いと思います。このコーナーでは長引く咳について、なるべく簡潔にわかりやすく解説していきます。
​患者さんにとって、長引く咳というのは、感覚的なもので、2-3日前からの咳でも、長引いているという感じる方もいれば、1か月以上続いて、ようやく長引く咳だと自覚される方もいるでしょう。
​私たち、呼吸器内科医はこの咳の期間に応じて、まず治療方針を立てていきます。
一般に発症後​3週間未満のものを急性の咳(咳嗽)、3から8週間の咳を遷延性の咳(咳嗽)、そして8週間以上の咳を慢性の咳(咳嗽)と呼んでいます。
​また期間だけではなく、咳の種類も大事になってきます。ポイントは痰を伴う咳かどうかということです。痰を伴えば湿った咳(湿性咳嗽)、伴わなければ乾いた咳(乾性咳嗽)と呼んでいます。
​それでは咳の期間の長さでどのように、診断し治療していくか、ご説明します。

長引く咳

●発症してからの期間で治療方針が変わる。

・発症3週未満の咳を急性の咳。

・3~8週間の咳を遷延性の咳。

・8週間以上の咳を慢性の咳。

​●咳の種類も大事

・痰を伴えば湿性の咳

・痰がなければ乾性の咳

●必要があればレントゲン写真を撮ります。

​①急性の咳(発症後3週間未満のもの)

急性の咳の患者さんが来院したら、私たちはまず、患者さんの症状をお聞きし、聴診などの身体の所見をとらせていただいて、レントゲンなどの検査や点滴などの処置が必要か判断します。
患者さんの状態で医師が必要と判断した場合は、胸部X線や必要によっては胸部CT、喀痰検査を行います。これらの検査は当院で検査可能です。状況に応じて、即日で結果説明いたします。
診察の結果、精密検査が必要なさそうな場合は、いわゆる風邪に伴う咳と判断します。この場合、咳だけでなく、発熱、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、咽頭痛、頭痛、全身のだるさなどを伴うことが多く、原因の多くはウイルスによるものと言われています。咳の特徴は好発時間はなく、周囲に同様な症状の人がいるなどが挙げられます。
風邪と診断した場合は、対症療法といって、咳止めや痰を切れるお薬、また総合感冒薬などの処方だけとなります。
​この時点では咳の強さがピークを過ぎているかどうかということも治療方針を決めるうえで大変重要となってきます。ピークを過ぎていない場合は、咳の原因として、考えられる感染症を念頭に置きます。例えばマイコプラズマ感染症、百日咳、クラミジア感染症などです。これらの感染症を強く疑う場合は、マクロライド系抗菌薬(一般名:アジスロマイシン(ジスロマック®)など)やレスピラトリーニューキノロン(一般名:レボフロキサシン(クラビット®)など)
風邪症状が改善しない、抗生剤を使用しても改善しない場合も、胸部レントゲン場合によっては胸部CTや喀痰検査、血液検査などの精密検査の対象となります。

​急性の咳(発症3週以内の場合)

​●必要があればレントゲン写真を撮ります。

●咳症状がピークを過ぎていれば、​咳止め

 などで症状を取るだけの治療をします。

●症状が悪化していて、感染症を疑う

 合には、抗生剤治療を追加します。

​②遷延性・慢性の咳(発症後3週間以降のもの)

3週間以上続く咳の患者さんが来院したときは、私たちはまず、患者さんの症状をお聞きし、聴診などの身体の所見をとらせていただいて、ほぼすべての患者さんに対し胸のレントゲンを撮らせてもらっています。
この胸部レントゲンで、陰影を認めれば、疑わしい病気を考えながら、採血検査、胸部CT検査、喀痰検査、呼吸機能検査などを行います。これらの検査はすべて、当院で可能です。状況に応じて、即日で結果説明いたします。そのうえで、さらに必要な検査、例えば肺の内視鏡(気管支鏡)検査などが必要ならば、専門の呼吸器内科診療を行っている施設へご紹介いたします。
 
胸部レントゲンで異常を認めない場合は、先ほどご説明した症状に痰が出るかどうかの有無で治療方針を判断します。
 
痰がある場合、鼻炎症状の有無を確認します。鼻炎があれば慢性副鼻腔炎の合併を念頭に喀痰検査や胸部CT検査および副鼻腔CT検査などを行います。副鼻腔炎と気管支炎の合併を認めた場合は副鼻腔気管支炎として治療します。治療はマクロライド系抗菌薬を約8週間内服いたします。
 
痰がないまたは少量のときは、以下の病気の可能性が高くなります。
・咳喘息
・アトピー咳嗽/喉頭アレルギー
・胃食道逆流(GERD)
・感染後咳嗽
●咳喘息
咳喘息とは典型的な喘息症状を伴わない咳を主体とした病気です。基本的には気管支喘息の一種でしっかり治療しないと3人に1人は本格的な喘息に移行するといわれています。特徴は気管支拡張薬という気管支喘息のお薬を吸入してもらい効果があれば、咳喘息を強く疑います。当院では咳喘息を疑ったときは、気管支拡張薬の吸入をしていただき、吸入前後の肺機能検査で一定の改善を認めた場合に咳喘息として気管支喘息の吸入薬による治療を行っております。
●アトピー咳嗽/喉頭アレルギー
アトピー咳嗽は先ほどの咳喘息と異なり、気管支拡張薬の効果が期待できない咳です。咳喘息は肺の奥の方の気管支が炎症を起こしていますが、アトピー咳嗽では肺の奥ではなく、喉頭や気管といった肺よりも手前の部分の炎症が主体となっております。花粉症と同じくアレルギーが関与していることが多く、治療は花粉症と同じ抗アレルギー薬が主体になります。
●胃食道逆流(GERD/逆流性食道炎)
胃から食道に胃酸や胃内容物が逆流することで食道炎などの症状が出た場合をGERDと呼んでいます。この炎症が食道のみならず、喉頭や咽頭、さらに気管、気管支ににまで及ぶと長引く咳の原因となります。当院では咳だけでなく胸やけなどGERDの症状も伴う場合、この病気を疑いからF-scaleと呼ばれる問診票を行ったうえで、胃酸を抑える薬(ネキシウム®/タケキャブ®など)で治療します。
​●感染後咳嗽
かぜ症候群、いわゆる風邪の後に、熱などの症状は治まっているが、乾いた咳がその後、3週間以上持続している状態をいいます。風邪のほとんどはウイルス感染といわれています。ウイルスなどの病原体自体はすでに体外に排出され炎症も収まっているが後遺症として咳だけが持続している状態をいいます。この咳の特徴は就寝前から夜間に多く、特に寝入りばなの咳が非常に特徴的と言われています。症状が強ければ、咳止めなどの対症療法が主体となります。

​遷延性・慢性の咳(発症後3週以降の場合)

​●レントゲン写真を撮り、必要があればCT検査や

喀痰検査、肺機能検査、採血検査などを追加します。

●痰が多く、鼻炎症状があれば、副鼻腔気管支症候群

として抗生剤を8週間ほど内服します。

●空咳など痰を伴わない咳では以下の病気

を疑います。

・咳喘息
・アトピー咳嗽/喉頭アレルギー
・胃食道逆流(GERD)
・感染後咳嗽

東京石心会400jpg.jpg
医療法人社団 東京石心会 新緑脳神経外科
〒241-0014 神奈川県横浜市旭区市沢町574-1
TEL : 045-355-3600(代表)
TEL : 045-555-7333(サイバーナイフセンター直通)