当科の診療する主な病気

COPD(肺気腫)

このコーナーではCOPD(肺気腫)について、なるべく簡潔にわかりやすく解説していきます。また、当院で行っている診断から治療までの流れも解説していきます。
① COPD(肺気腫)とは?
皆さんはCOPDというと、聞き慣れない病気だなあ?と思われるかもしれません。普通の病気は〇〇病とか〇〇症候群とかつきますが、この病気はアルファベット4文字なのでわかりにくいかと思います。でも、これは略語で正式には慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)という病名で英語の頭文字をとって、この病名がつけられています。これでも、この病気って何なのか?と思われる方もいるかと思いますので、まず、この病気について解説していきます。
 
COPDとはタバコの煙など有害な物質を吸い込むことによって、肺が壊されたり、肺までの通り道である気管支が炎症によってダメージを受けたりすることによって、息切れなどの症状が出る病気のことを言います。病気のイメージは下の動画をクリックして見てください。
上の動画のように、一度、肺の破壊が進むと、肺は再生しません。悪化させないためにも、早期診断、早期治療、進行予防が重要となります。次のページではどのような症状があればこの病気を疑うか解説します。